クラウドHEMS

これからエネルギー事情は、大きく変化していきます。 2016年には、電力の小売り自由化がスタート。今ある電力会社だけではなく、他の事業者からも電気を買うことができるようになり、一番おトクな事業者を自分で選べるようになります。 多様な事業者/料金プランの中から最適なものを自分で選択する時代になります。 そこで、シャープのクラウドHEMS!(Home Energy Management System)

天気予報に合わせて、クラウド蓄電池※1の放電を自動制御※2。

例えば、朝の天気予報で雨が予想されている日なら、夜間に充電した割安な電気を、料金が割高な昼間に放電するようにクラウド蓄電池を自動制御します。太陽光発電では足りない電気を、クラウド蓄電池にためた電気で賢く補えます。また、電力需給逼迫警報が出た場合も、クラウド蓄電池を夜間電力で充電し、万一の停電に備えて満充電状態をキープするように制御してくれます。

■ 雨や曇りの日の場合…
  • 深夜  割安な夜間電力で、賢く蓄電しておく。
  • 朝  今日は一日中雨なので、太陽光発電はあまり発電できない…
  • 昼  そんな日でも、クラウドサーバーが、雨という情報を受信して
  • 昼  電気代が割高になる時間帯から放電するように指示。
  • 昼  太陽光発電では足りない電気を、クラウド蓄電池の電気でかしこく補える!
アニメーションを見る
■ 明日は電力逼迫と警報が出された場合…
  • 夕方  クラウドサーバーが、明日の電力需給逼迫警報を受信すると…
  • 深夜  割安な電力で、賢く蓄電しておいて、
  • 朝  当日は、万一の停電に備えて、万充電状態をキープするように自動制御
アニメーションを見る

家中の使用電力を、スマートフォン※1で手軽にチェックできます。

タップをコンセントに差し込むだけ※2で、特別な工事も不要(無線LAN対応のブロードバンドルーターが別途必要です)。簡単なシステムで手軽に家中の電力を把握できるので、無理なく節電をサポートします。

イメージ図:スマートフォンで家中の使用電力をチェック

外出先からスマートフォン※1で、エアコン※2・エコキュート※3を操作できます。

スマートフォンでエアコンの操作ができるので、「エアコンのスイッチ、消し忘れたかも…」という時でも、外出先からエアコンの状況を確認して、スイッチを切ることができます。また、帰宅前にエアコンのスイッチを入れて、あらかじめ冷暖房しておくことも可能です。
さらに、エコキュートの操作もできるので、帰ったらすぐにお風呂に入れるように、帰宅前にお湯張りをスタートさせることも可能です。

エアコン操作画面…エアコン、消したかな?あっ、つけっぱなしだ…消しておこう!/おふろ操作画面…帰ったら、すぐお風呂に入れるようにお湯張りスタート!